teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ありがとう御座いました!

 投稿者:ミシロ  投稿日:2010年12月26日(日)20時29分7秒
返信・引用
  なんと早々に御返事を頂けた事かと大変嬉しく存じます。
そして、やはり御伺いして良かったと深く感じ入っている次第です。

と言いますのが、個人的な思いを書くのもなんですが、
最近、私が所属する動画サイトでは、極めて品行方正を欠いた、かつ、
クリエイターサイドの視点というものを無視した実況が多くなっています。
(あくまでも私の見解なので、そういうのも好きな人もいるのでしょうが・・・)

ノベルは落語のお題ではなく、ひとりひとりの対話でもあると思います。
それを私なりに強く感じる事があり、九月から「再度確認」をし始めました。

私も絵や漫画を描く人間ですので、作り手の感覚と言うものを
少なからずわかりますので、「世界観」をいかに大切にしながら
話を受け取るかを意識しつつノベルなどを読んでいます。

そこで私が今回の御話を頂戴しまして、自身のモラルを加味した御話なのですが、
「妖隠録」の実況のみ、最初から最後まで「朗読形式」にしておりまして、
また、視聴者様から頂いた私への感想も、とても丁寧に書かれており、
製作者である香津宮さまの作品の凄さまできちんと述べておられました。
実況者をしている私としては、私への賛辞より、私を通じて
作品を「きちんと見て(聴いて)頂けたか?」が大事なのです。
「妖隠録」はその手ごたえをしっかりと得た動画となりました。

なので、「妖隠録」のみを復帰させて頂いて、後日に
香津宮さまから【動画実況・配信について】が発表された際に、
それにきちんと準拠するという事でいかがでしょうか。

それでは意伝のみですが、一旦これにて…。
 
 

ご無沙汰しております!

 投稿者:ミシロメール  投稿日:2010年12月26日(日)16時56分20秒
返信・引用
  冬至が過ぎると急激に寒くなってまいりました。
いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか、
ゲーム実況者のミシロです。

さて、もしかするとご存知かもしれませんが、
当方九月一日に一旦全ての動画を「視聴不可」にしまして、
改めて製作者様方に配信の許可を頂いてから配信を再開しております。

昨今、ゲーム実況に関して「著作」にまつわる話を多く聞きます。
ならばとフリーゲームの実況をされる方が増えたのですが、
たとえば製作者様がリメイクを考えていて公開停止にしたい時に、
実況に取り上げられたりなどがあると、それは迷惑行為になるのではと
考えた次第でして、そして、今後は事後報告ではなく事前に許可を頂いてから、
実況を収録する方針に致しました。

ご迷惑でなければ、今一旦視聴できないようにしている朗読実況動画を、
再配信しても構わないでしょうか。
もちろん、お許し頂けない場合は素直に停止したままに致します。

お時間よい時にお教え頂ければ幸いで御座います。
それでは長文失礼致しました、今回はこれにて失礼致します。
 
    (香津宮) 南瓜を食わなかったせいか風邪をひいた香津宮です。

さてお問い合わせの件ですが、これに関しては別な機会に正式に発表するつもりでいましたが、
ひとまず思っていることをお伝えします。
現在及び過去、香津宮作品を使用した実況動画並びにねとらじ等での朗読を含む配信について、基本的に「黙認」のスタンスです。
そうした結果、多くの方に知って頂く機会を得るというのは大変ありがたいことではありますが、自分の作品はノベルです。
ソロでこそこそやってもらう作品を意識しています。たとえばクリック待ちの間であったり、改ページのタイミングであったり。
そういうノベル作品として、「読者」が楽しんでもらえるようなものを意識しています。
また、あるいは実況者の感想や反応など、それが製作者の思惑と著しく違うものであった場合も含め、
不特定多数に誇張されて届いちゃったりすることもあったりします。
そういうのは、あんまり作者としては面白くないなぁと思う部分はわりとあります。
無論、必ずしもすべての実況動画がそういうわけではないと思いますし、
ほとんど実況動画は見ないので、勝手な思い違いかもしれません。
なかには自分の作品を朗読して頂いたことが元で、こちらからお礼をお伝えした読み手さんもいらっしゃいます。
面映いっていうのが強いんですけどw
以上の理由から実況動画諸々に関しては、積極的に歓迎はしておりませんが、表立って反対もしておりません。
そのへんは実況者のモラルにお任せしております。
 

御無沙汰しています

 投稿者:Coimen  投稿日:2010年10月 9日(土)09時16分44秒
返信・引用
  通販ありがとうございます。
記事をよく読まずに、変なメールを一通送ってしまいました……無視して下さい
gmailの方にもきちんと送らせて戴きましたので、そちらは無視しないでください(笑)
通販するのは初めてなので、とてもドキドキしています。
よろしくお願いします。
 
    (香津宮) 確認しましたー
ありがとうございます。
もうちょっと待っててくださいねー
 

はじめまして

 投稿者:Coimen  投稿日:2010年 8月31日(火)13時30分5秒
返信・引用
  はじめまして。
八月は忙しくて、小説買いに行けなかったです……。
一生の不覚。
ですので、万華鏡のリメイクまってます!
他の作品も楽しみにしてます!
なんか、内容のない書き込みになってしまいましたね……。
すいません。
 
    (香津宮) とんでもない。
書き込みありがとうございます。
書籍の方は在庫がいっぱいあるんでwまたの機会にでも、都合が合えばよろしくお願いします。

リメイクと言いつつ、たいして変わらないんで、そんなに期待しなくてもいいですがw
新作はぜひご期待ください。
ではー
 

Re: 掘り出し物

 投稿者:kk  投稿日:2010年 6月25日(金)03時24分53秒
返信・引用
  > No.86[元記事へ]

>そのメーカーさんの、その次の作品の体験版は落としてたんだけど

紅殻町博物誌も世界観がとても素敵でこの作品も自分のドツボに嵌りました。
ライターさんは同じ人ですが今作は文体が稲垣足穂ベースで作られていて
また感慨深くプレイしましたw

非コンシューマーゲームは作り手が好き放題出来るところが良いですね。
勧めてばかりで申し訳ないのですが、
このメーカーの姉妹ブランド、ライアーソフトの腐り姫、forestも好き放題やっていて
オススメです。自分をこちら側に蹴落とした2作品ですw
お金、時間に余裕があり、頭の片隅にでも残っていたらお試しください。

それと、メールなどは自分が最後に終わりたいんだい病という奇病に侵されてますので
返信はご不要です。面倒くさい性分ですいませんw

ps リメイク期待して待っています
 
    (香津宮) 自分、本もゲームもいっぱい積んでますからね~
時間があったら本当にやりたいです。
おすすめありがとうございます。

たしかにこういう作品って、ターゲットの捕らえ方だと思うんで、コンシューマよりもコアなところを狙っていけるのが魅力的だなと思います。
まあフリーと商業の壁は厚いですけどね~(笑)
 

掘り出し物

 投稿者:kk  投稿日:2010年 6月21日(月)01時13分52秒
返信・引用
  初めまして。
某ニコニコ出来る動画で真説・万華鏡奇談を拝見しました。

凄い出来でした。これがフリーというのは驚くばかりで、
それまでやっていたFF13を放り出し寝食忘れて動画に熱中してしまいました。
最先端の商用ゲームソフトよりフリーゲームの方が面白いとは不思議なものです。

自分の大好物な旧家もので、古典名作の良いところをぎゅっと詰めて、
うまく構成し、読み手の事を考えた分かりやすい文を書ける
そんな香津宮さんの文才がただただ憎らしいですw

良い和ものゲームがないかと検索して万華鏡に辿り着いた
自分の運の良さを褒めたいです。そしてもうダウンロードが出来ないと知った
自分の運の無さを貶したいです。

和ものゲームの掘り出し物で他に吃驚したのが霞外籠逗留記というエロゲなのですが、
文体が泉鏡花先生そのものなので先生がエロゲ書いたらこんな感じなのかなと
感慨深くプレイしましたw
体験版も有りますので食指が動いたなら是非お試しを。

万華鏡奇談を世に出した香津宮さんに多謝。
 
    (香津宮) どうもはじめまして。
自分の好きなものを詰め込んだ結果の憎まれですw
もうしばらくしたらリメイク版が公開できるかもしれないんで、
それまでどうかお待ちください。ご迷惑おかけしてます。

あと、素敵な情報ありがとうございました。
鏡花とな!?
そのメーカーさんの、その次の作品の体験版は落としてたんだけど、
そっちはノーマークでした。まだ未プレイですが。
時間見つけてプレイしたいと思います。
ありがとうございました。
 

題名を書き忘れていました…

 投稿者:ケイスケ  投稿日:2010年 6月 5日(土)20時43分22秒
返信・引用
  > No.84[元記事へ]

かぜきりばねの読後感想です。やっちまったんだぜ
 
    (香津宮) 次からネタバレは、文字色を黒かグレーで頼むんだぜ^^  

(無題)

 投稿者:ケイスケ  投稿日:2010年 6月 5日(土)20時41分43秒
返信・引用
  いやあ、ドツボにハマったというか、やはり読み直してしまいましたね。
気を利かせて夏休みに一人でいることを許してくれたことも、金切り声気味で母が秋を呼んだことも、
その母親の目が赤かったことも、この時期に彼女が帰ってきたことも、そういうことだったんですね。(あと彼女が色白だったことも?)
ノスタルジック・ノベルということでしたが、まんまとそういう気分にさせられてしまいました。
それにしても香津宮さんの文章には毎回引き込まれてしまう。柔らかいということではないんですが、どんどん読み進めてしまいます。
文章量が少なく感じてしまいましたが、「思わず読み直してしまう」というこの作品の性質自体には合っていると感じました。

ちょっと違和感を覚えたのが、彼女が帰ってきたときに、秋がそんなに取り乱していなかったことです。
普通、帰ってきたのならああいう反応をするだろうか?と自分は感じてしまいました。
自分だったら、階下から呼ぶ母親の頭を疑ってしまうような気がします。帰ってくるわけないんですから。
それとも、あの町ではああいったことがよくあったりするのでしょうか。もしもそうなら、仮病をしてああいう反応をすることもあるだろうなとは思いました。
 
    (香津宮) おお、感想ありがとうございますー

次南と先北(さきた)と、あと東と西(まだ名前考えてない)、そんで中津と、五つの町村が舞台として用意されております。
本当は短編の5連作なんですね。
そのうち書くと思いますんで、その時にでも最後の質問の答えになるといいなあと思ってます。
書く書く詐欺になったらごめんなさい…
 

Re: 五月十六日の月と金星

 投稿者:ケイスケ  投稿日:2010年 6月 4日(金)21時02分49秒
返信・引用
  > No.82[元記事へ]

この日の月は異常に綺麗だったですね。散歩しながらずっと上を見上げていました
 
    (香津宮) きれいだったよねー
なんか久々に月見て┣¨キ(*゚Д゚*)┣¨キしましたわ。
 

五月十六日の月と金星

 投稿者:ミシロ  投稿日:2010年 6月 2日(水)00時22分57秒
返信・引用
  「徒然」の項に月と金星のお話を書かれておられましたね、あれは凄かった!
カメラを用意するのにちょっと時間がかかってしまいましたので、
月の真上からは少し移動してますが、その時の私が撮った写真を添付致します!
なんといいますか、こういう自然現象を見ましたら色々とモチベーションが高くなります。
 
    (香津宮) おお、これこれ!これですよー
画像ありがとうございます。
トピたってたんで、ご紹介。
他の方の画像もおすすめですー

つttp://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-523.html
 

レンタル掲示板
/11