teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


『妖隠録』

 投稿者:夜明け  投稿日:2008年10月 3日(金)18時43分32秒
返信・引用
  初めて書き込みいたします。夜明けと申します。

『妖隠録』エンド分岐の仕方が面白いです。そうくるかって感じでビビリました。
背景画像、雰囲気があっていいな~とぼけーっと見ていたので一週目はみごとに外れました。二、三周してもよく分からなくて、最終的にピッタリで賞を見るために同梱のネタバレヒントを使わせていただきました。
個人的に蜘蛛の話の女の人の語り口が好きです。凛とした大和撫子なイメージで。
シマネさんに連れられての物見遊山、楽しかったです。

佐倉のお嬢さんのお話も楽しみにしています。

失礼しました。
 
    (香津宮) はじめまして。香津宮でございます。

すいません。うれしくて泣きそうです…
今回はいろいろひねくれた感じにしたので、受けが悪かったらどうしようとか、
とにかくいっぱいいっぱい心配してました。
ひとりでもなにかしら感じていただけたら、これに勝る喜びはありません。
感想ありがとうです。本気でありがとうございます。
           ・ ・ ・
ただ居るだけの死真似さんですが、少しでも楽しんでいただけたなら彼も満足してることでしょう。


…佐倉、…はて?(笑)
 
 

どことなく儚い

 投稿者:ソフィア  投稿日:2008年 9月12日(金)22時38分35秒
返信・引用
  真説万華鏡奇談をDLさせてもらいました。
サウンドノベルはあまりプレイしたことはなかったのですが、
古風な雰囲気で、すごくおもしろかったです。
短いですが、それでは。
 
    (香津宮) プレイありがとうございます。
わたくしとしましても、初めてのサウンドノベル作品ということもあって、
いろいろ不安がありました。
楽しんでいただけたようで、とてもうれしく思います。

ご感想、わざわざありがとうございました。
 

(無題)

 投稿者:ケイ  投稿日:2008年 9月11日(木)20時24分39秒
返信・引用
  もう新作作ってるんですか。筆が早い人が羨ましいです本当に  
    (香津宮) 書けんときは何年も書かんので、書けるうちに一気に書くのがモットーです。
いろんな人に読んでもらって、感想いただけるのがモチベーションの維持になります。ありがとうございます。
 

Re: やりました

 投稿者:香津宮  投稿日:2008年 9月 7日(日)10時01分11秒
返信・引用
  > No.30[元記事へ]

ネタバレに対する返信なので、未プレイの方はご注意ください。


†††††††††††††††††††††


> 狂い蝉さま。

> 製作者の熱意に応えるにはプレイヤーも本気で・・・ということで今回は少し厳し目に書きますが、悪意はないのでお許しください。

ぜひぜひ大歓迎です。よろしくお願いします。


> レストランでお冷とおしぼりが一人分しか出されないシーンは怪談物でよくあるので、この辺りでアリスが何者なのか薄々気付いてしまいました。

正体につながるんでわざとさらっと流しちゃったんですけど、主人公にとって初めての他人との楽しい外食という意味合いもありました。
うーん。まあ、いらんですかね。犬に吠えられないって表現もあるしなあ。


> 探偵がアナグラムに気付いたシーン。
> ドッグタグでローマ字表記を見たとはいえ、あの僅かな時間で気付くとは探偵頭回り過ぎではないかと。

探偵が気づいたんじゃなくて、読者がその時点ではもう気づいててほしかったんですね。テストで言うところの、答え合わせみたいな感じ。
とはいえ、上宮麻里子とフルネームで表記してるのは、第3章の冒頭とそのシーンだけなので、むずかしかったかなあ。


> 詠美が母親が死んだと判断した根拠も書かれてませんが(心音停止etc)、あれ程の殺意を抱いていたならその辺を怠るでしょうか。

これは、本来ミステリではやっちゃいけないミスですね。
地の文にしっかり「殺した」「死んだ」と書かれているので、でもじつは…っていうのは、作者が嘘をついてしまったことになります。
たとえば血をいっぱい出して倒れてる人を見たら、死んでると思いません?とか苦しい言い訳を言ってみる。…だめ?
ごめんなさい。がんばります。


> 母親がご飯に振り掛けていたのは実は・・・だとしても毎朝首を絞められていた=殺されそうになっていた事には変わらないのでは?

母親の殺意は存在していました。詠美が2つだと思っていたのは、じつは1つだったというだけ。
それもどれほどの大きさのものなのかは想像でしかありません。強くしてるのか、ただ手をあててるだけなのかもわかりません。
ただし、エンディング後…というより、探偵に依頼した時点でどのような心境の変化が起こっていたのか、読者の想像にお任せ的な部分はあります。
わかりにくかったよねえ。すいません。


> 探偵の最後の言葉、詠美の学校における現状とはかけ離れており、少し救われない感がありました。

これは下読みいただいた数人の方にはわかるんですけど、本当のエンディングではありません。
ver 1.0になることがあったら、そのへんはわかってもらえると期待して、ここではあえて触れないでおきますね。もうちょっと裏切りますんで(笑)


> いろいろ突っ込んではみましたが、イマージナリーコンパニオンの設定はいいなと思いました。
> 死体消失から探偵との遭遇→逃亡までのシーンは素直にドキドキしました。
> 次回作も期待しています!

なるべく多くの人に見てもらいたいと思ったらまた作りますねー
それまでただの物書きに戻りますんで、気が向いたらのぞいてください。
大変勉強になりました。ありがとうございました!
 

やりました

 投稿者:狂い蝉  投稿日:2008年 9月 7日(日)08時26分49秒
返信・引用
  まずはご苦労様でした。
製作者の熱意に応えるにはプレイヤーも本気で・・・ということで今回は少し厳し目に書きますが、悪意はないのでお許しください。

レストランでお冷とおしぼりが一人分しか出されないシーンは怪談物でよくあるので、この辺りでアリスが何者なのか薄々気付いてしまいました。
個人的には要らないシーンだったかなと思います。

探偵がアナグラムに気付いたシーン。
ドッグタグでローマ字表記を見たとはいえ、あの僅かな時間で気付くとは探偵頭回り過ぎではないかと。

詠美が母親が死んだと判断した根拠も書かれてませんが(心音停止etc)、あれ程の殺意を抱いていてたならその辺を怠るでしょうか。

母親がご飯に振り掛けていたのは実は・・・だとしても毎朝首を絞められていた=殺されそうになっていた事には変わらないのでは?

探偵の最後の言葉、詠美の学校における現状とはかけ離れており、少し救われない感がありました。

いろいろ突っ込んではみましたが、イマージナリーコンパニオンの設定はいいなと思いました。
死体消失から探偵との遭遇→逃亡までのシーンは素直にドキドキしました。
次回作も期待しています!
 

Re: 待ってました

 投稿者:ケイ  投稿日:2008年 8月31日(日)10時59分49秒
返信・引用
  > No.28[元記事へ]

吹いた。とりあえずDLしますぜ
 

待ってました

 投稿者:ケイ  投稿日:2008年 8月30日(土)21時11分31秒
返信・引用
  久々に来てみたら新作公開間近じゃないですかおいー

夏休み終盤? 大学生の夏休みはまだ始まったばかりだ!(あと1ヶ月は続くという意味で)
 
    (香津宮) この30分後に公開してしまったんですけど…しかも、フライングで。

め、めげずに足を運んでくださいまし。
 

頑張って!

 投稿者:狂い蝉  投稿日:2008年 8月24日(日)03時51分10秒
返信・引用
  発表からずっと期待してました!
完成間近と言う事でとてもワクワクしています。
ワクワクすると便意を催すのは何故でしょうねー。
本屋に行くと便意を催すと良く言いますが、自分は面白い本を見つけるワクワクから来るモノだと思っています。
便意を催させる程の作品を是非!
(汚くてすみませんw)
 
    (香津宮) 高校の頃、好きな子に告白の電話かけるとき激しい便意に襲われた記憶が…
そうか、あれはワクワクしてたのか!
…玉砕でしたがorz

前作とは毛色が違うのでご期待に添えるかどうかわかりませんが、
もうしばらくお待ちくださいねー
 

箱読みました

 投稿者:狂い蝉  投稿日:2008年 7月15日(火)03時19分13秒
返信・引用
  蓋とありますが、自分は戸やカーテンの向こうの夜闇、物陰、家具の隙間や裏、至っては背後などが不意に怖くなる時があります。
香津宮さんのホラー作品なんか読んでると特に気になり出します。
視覚的に遮断されるとその向こう側についての悪い妄想がどんどん膨らんで行って・・・
ささやかな謝肉祭の夏のさっちゃんの話、自分も怖くてタオルケットに潜り込んで汗だくになっていたのを思い出しました。
あれなんかも布団で視界を遮られて、その向こうが見えないから
さっちゃんなんて物を想像して怖がる。
恐怖を取り込むしかないですね。
視界を遮るのは何?
暗闇、瞼。
瞼を切(ry

箱の話に戻りますが、少年が妊娠しちゃってますが・・・
 
    (香津宮) > 箱の話に戻りますが、少年が妊娠しちゃってますが・・・

麦茶ふいた。ありえんミス。
ありがとうございますありがとうございます。
めっさはずかしいわ…直します。

目蓋は盲点でしたね!
めちゃめちゃ蓋って字が入ってるのに…orz


> ささやかな謝肉祭の夏のさっちゃんの話、自分も怖くてタオルケットに潜り込んで汗だくになっていたのを思い出しました。

なんとさやかまで読んでくださっていたとは!
ちなみに俺も汗だくになってた派です(笑)
強がって絵を描きたがらないくせに、実際に寝るときは亀になってましたwww


なんかコメント読んでてによによしてしまいました。
ありがとうございますー。
 

Re: 感想&質問

 投稿者:香津宮  投稿日:2008年 6月25日(水)19時32分32秒
返信・引用
  > No.23[元記事へ]

> あまさま。

このたびは、貴重なご感想ありがとうございます!
いろいろ至らない点がありましたことをお詫び申し上げます。


ネタバレを含みますので、反転で…


> 納屋で修造のお姉さんがにんまり笑っていたのは何だったんでしょう?
> その時はてっきりお姉さんが犯人かと思ったのですが。

ミスディレクションです。
全然そのように書いてないんですが(^^;
じつは彼女は母屋に戻った際に、すでに死体を発見しておりました。
そしてその脇に「ある物」を置いてきて、その持ち主を犯人に仕立てあげようという心づもりがあったと思われます。
その後の彼女の、妙に罪悪感っぽい行動からなんとなく推測です。



> あともうひとつ、修一の祖母と桜子は当然別人だろうと思っていたのですが、
> もしかして・・・・・・同じ人だったんですか?

ご想像にお任せします。


> だとするとあの爪は桜子のものではなくて・・・・・・

爪のエピソードは別な機会があったらお話しできたらなあというか、別に書かないと全然わからないんですが、
入れた理由は「枕の下に髪の毛を敷いて寝る」と同じ動機からです。
だとしたらそれを入れた人は、どういう気持ちで入れたのか想像していただくと…



> 実は前のヴァージョンは読んだ事が無いのですが、もう公開される事はないのでしょうか?

改題前の選択肢有りの『万華鏡奇談』単品バージョンは手元に残っておりますが、それ以外は最新版しかありません。
誤字が見つかったので、涙ながらにもう一度だけバージョンアップします。
多少加筆修正はしますが、あんまりいじるとおかしなことになるので、必要最低限にとどめますが、
以上のご質問の点はたぶんそのまま放置されると思われます(^^;

わかりにくくてごめんなさいね。
 

レンタル掲示板
/11