投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


> エルザ 様

 投稿者:小池義孝  投稿日:2016年 6月10日(金)03時03分26秒
   その可能性は、正直、否定できません。

 こちらに筋反射テストのみの形でいらっしゃる事は可能です。その場合には、初回であれば、
体験の3000円の枠が利用できますよ。
 

名古屋のゆのもと健療院でパニック障害が治りました。

 投稿者:長嶋  投稿日:2016年 6月 8日(水)06時45分32秒
  長嶋と申します。パニック障害で苦しんだ15年でしたが、名古屋のゆのもと健療院の伊藤先生の力添えもあり無事に克服できました。これまで病院、カウンセリング、催眠療法、宗教と時間とお金をどれだけ使ったか分かりません。異常反応が35%もあった私には、どれもが無力だったのが改善した今なら分かります。ここまで来れたのも伊藤先生、ならびに、それを開発された小池先生のお蔭です。感謝しても足りないぐらいです。この掲示板を見られる方々に少しでも、勇気を持っていただけたらと思い書き込ませて頂きました。確かに、異常反応の解体後も苦しい局面もありましたが、苦しんだ分、抜けた後は、人生と言うか、見える世界が変わりました。もう1度生まれ変わったかのようです。本当に、こねような素晴らしい気功治療を開発してくださり、ありがとうございます。  

Wさん関連の質問です。

 投稿者:エルザメール  投稿日:2016年 6月 6日(月)17時29分13秒
  他院と言うのは 小池先生のお弟子さんの治療室でも違う答えが出る可能性はあるという事ですか?
今出ている症状(好転反応)が改善しないのには、何が邪魔しているのか? 何を行えば改善傾向に向かうのか?身体の中の毒の総量を潜在意識から聴き出す事は出来ますか?
これらを小池先生の筋反射テストで聴き出して頂きたいのですが、小池先生の治療室で筋反射テストのみを単独で受けるのは可能ですか?もちろんその時 必要と出たなら気功治療を受
けます。   日常生活に対してのカウンセリングのみとか、ここで質問出来ない事等を直接、面接で受ける事は可能ですか?      先生の大切なお時間を頂くわけですから料金をお支払うのは 当然の前提です。
よろしくお願い致します。
 

> 拡散 様

 投稿者:小池義孝  投稿日:2016年 6月 6日(月)00時20分39秒
   一義流気功に関連する書き込みを行う場所ですので、投稿内容は非表示とさせて頂きます。

 申し訳ありません。
 

> w 様

 投稿者:小池義孝  投稿日:2016年 6月 6日(月)00時18分57秒
   可能性としては、同様にあります。ですから質問を行う際には、「想定し得ない、1万分の1
の確率も有り得る」という意識を持っています。

 薬の悪影響については、よく「どれ程、嫌がっているか」という尋ね方をしています。

 麻酔薬の悪影響からの回復については、過去に事例がないので何とも言えません。
 

(無題)

 投稿者:w  投稿日:2016年 6月 5日(日)16時24分13秒
  質問者の意識が答えを誘導してしまうというのは、
一義流気功、小池先生でも同じことですか?

一義流気功で治るのかどうなのかも引出で、わかるのでしょうか?

薬が合ってない可能性があって、人体に多大な影響を与えているのかも、
そのテストでわかるんですか?

また、4月27日ごろの掲示板のやりとりで、麻酔の薬だと、
回復が難しくなるのはなぜでしょう?不要物を出す、ということでは、
精神薬と同じなのでは、と思うのですが。

質問攻めですみません。どうなっているんだろうと、
なかなかしっくりこなくて。。
 

> w 様

 投稿者:小池義孝  投稿日:2016年 6月 4日(土)22時45分1秒
   潜在意識から情報を引き出す技術ですが、他院で行って同じ結果が出る断言はできません。

 まずイエスかノーで判定を下すわけですから、質問者が想定している項目でしか結果が出ませ
ん。またこれは非常に難しい問題ですが、実は思い込みや先入観が結果に反映されるリスクもあ
ります。質問者が、回答を誘導してしまう恐れがあり、それによって思い込みに満ちた歪な判定
をしている困った事例もあります。

 ただ質問の回答自体は、相当、詳細なところまで突き詰められる技術です。
 

> w 様

 投稿者:小池義孝  投稿日:2016年 6月 4日(土)22時41分25秒
   異常反応は、心の耐久性と回復力を落とすものです。またトラウマを固着させるものです。

 その意味で、鬱病やパニックなどの根源的な原因となります。但し、耐久性と回復力を超える
苦痛があれば問題を発生させますので、それら全ての原因が異常反応にある訳ではありません。

 しかし深刻な状態にまで追い込まれる、あるいは何度も繰り返すようなケースでは、背景とし
て大きな異常反応がある場合が大多数です。

 子宮頸ガンワクチンの副作用については、過去に実例がありません。脳性麻痺、脊髄損傷につ
いても、多くの事例はありませんが、改善された事例はあります。

 薬の悪影響が強い場合は、その薬を止める必要性があります。遺伝による精神疾患は、知性の
欠如は見られますが、鬱病などを生まれつき決めるものではありません。
 

(無題)

 投稿者:w  投稿日:2016年 6月 3日(金)21時15分45秒
編集済
  連投すみません。

ちなみに、潜在意識からの情報引出についてです。
一義流気功で引出を行うのも、他院で引出を行っても結果は同じですか?

YES、NOで引き出せるとしたら、分岐点をいくつもつくっておけば、
どんなことでも精確な情報が引き出せるのでしょうか?

例えば、
何番の背骨が損傷しているから傷みが出ます、
この薬が原因になっています。
数年前のあの出来事が原因です。
これは一義流気功で完治します、完治しません など、
いかがでしょう?

 

(無題)

 投稿者:w  投稿日:2016年 6月 3日(金)19時52分19秒
  質問です。
鬱やパニックでも、異常反応が原因のものがすべてなのでしょうか?
たとえば、併用している薬や遺伝的な要素で、鬱やパニックになっているとは考えられますか?
その場合、一義流気功で治るのでしょうか?

また、子宮頸がんワクチンの副作用、脳性まひ、脊髄損傷について、
一義流気功での改善の見込みはありますか?

一義流気功で大幅な改善が見込めそうなものと、そうでないものの境目が知りたいです。
 

/82