teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:ケイスケ  投稿日:2010年 6月 5日(土)20時41分43秒
返信・引用
  いやあ、ドツボにハマったというか、やはり読み直してしまいましたね。
気を利かせて夏休みに一人でいることを許してくれたことも、金切り声気味で母が秋を呼んだことも、
その母親の目が赤かったことも、この時期に彼女が帰ってきたことも、そういうことだったんですね。(あと彼女が色白だったことも?)
ノスタルジック・ノベルということでしたが、まんまとそういう気分にさせられてしまいました。
それにしても香津宮さんの文章には毎回引き込まれてしまう。柔らかいということではないんですが、どんどん読み進めてしまいます。
文章量が少なく感じてしまいましたが、「思わず読み直してしまう」というこの作品の性質自体には合っていると感じました。

ちょっと違和感を覚えたのが、彼女が帰ってきたときに、秋がそんなに取り乱していなかったことです。
普通、帰ってきたのならああいう反応をするだろうか?と自分は感じてしまいました。
自分だったら、階下から呼ぶ母親の頭を疑ってしまうような気がします。帰ってくるわけないんですから。
それとも、あの町ではああいったことがよくあったりするのでしょうか。もしもそうなら、仮病をしてああいう反応をすることもあるだろうなとは思いました。
 
    (香津宮) おお、感想ありがとうございますー

次南と先北(さきた)と、あと東と西(まだ名前考えてない)、そんで中津と、五つの町村が舞台として用意されております。
本当は短編の5連作なんですね。
そのうち書くと思いますんで、その時にでも最後の質問の答えになるといいなあと思ってます。
書く書く詐欺になったらごめんなさい…
 
 

Re: 五月十六日の月と金星

 投稿者:ケイスケ  投稿日:2010年 6月 4日(金)21時02分49秒
返信・引用
  > No.82[元記事へ]

この日の月は異常に綺麗だったですね。散歩しながらずっと上を見上げていました
 
    (香津宮) きれいだったよねー
なんか久々に月見て┣¨キ(*゚Д゚*)┣¨キしましたわ。
 

五月十六日の月と金星

 投稿者:ミシロ  投稿日:2010年 6月 2日(水)00時22分57秒
返信・引用
  「徒然」の項に月と金星のお話を書かれておられましたね、あれは凄かった!
カメラを用意するのにちょっと時間がかかってしまいましたので、
月の真上からは少し移動してますが、その時の私が撮った写真を添付致します!
なんといいますか、こういう自然現象を見ましたら色々とモチベーションが高くなります。
 
    (香津宮) おお、これこれ!これですよー
画像ありがとうございます。
トピたってたんで、ご紹介。
他の方の画像もおすすめですー

つttp://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-523.html
 

Re: 御報告

 投稿者:ミシロ  投稿日:2010年 4月28日(水)01時08分18秒
返信・引用
  > No.80[元記事へ]

>リメイクの万華鏡奇譚

…「奇談」でした orz
 
    (香津宮) まぎらわしい名前ばかり使う俺が悪いんです…おrz  

御報告

 投稿者:ミシロ  投稿日:2010年 4月27日(火)23時26分49秒
返信・引用
  先日は連続で名称を間違うといった失礼をして申し訳ございませんでした。

さて、先日「腐った夏」と「さよなら雨女」を朗読実況させて頂きました。
万華鏡大ファンの私としては、香澄姉さんの可愛さと、お父さんの事情(笑)が
ものすごくツボでした! リメイクの万華鏡奇譚が本当に楽しみです!!

「さよなら雨女」…ええ、最後軽く泣いてしまいました。
プリーズテルミーという言葉は、彼の優しさで返されたのですね…!

以上、御報告申し上げます。 ありがとう御座いました!
 
    (香津宮) 夏に関しては触れないのが紳士淑女のマナーなんだぜb
TELL MEは作者の渾身のギャグなんだぜb
ルビ入れなかった俺が悪いんだけど、本当はオサムくんなんだぜb
 

ぎゃああああああ!!

 投稿者:ミシロ  投稿日:2010年 4月24日(土)01時12分25秒
返信・引用
  × 奇譚 → ○ 綺譚  ぎゃああああ!!!!重ね重ねすみません!!!!
これはいけません!これは!! もう光速で訂正してきました!

言霊が変わると術が変わるみたいな感じです!「綺」麗な話が「奇」妙な話になるのは本当にいけません! いやもう、ほんとすみませんでした!
 
    (香津宮) もうちょっと綺麗な話を書けるように精進します。
訂正ありがとうございますー
 

ありがとう御座いました!

 投稿者:ミシロメール  投稿日:2010年 4月22日(木)22時22分24秒
返信・引用
  動画内でお名前の読みを間違えてしまい申し訳ございませんでした!
コメントでの対処ではありますが、読みの訂正を入れておきましたのでご了承下さいませ…!

ところで、仰るとおり陰陽道は「形」がありますね、いわれてみるとはっきりとしてます。
形を成してしまうと、さまざまな解釈を生めなくなるし、概念を知る人から見ると違和感さえ生んでしまうので難しいと思います。
「妖怪」の正体は、それがたとえ何であれ自由があり、縛られていないので良いと私も感じています。

それでは失礼致します、ありがとう御座いました!
 
    (香津宮) 本当はサイト名も間違ってるんだけど、気にしないんだぜ!
奇妙なほうじゃなくて綺麗なほうなんだけど、本当に気にしてないんだぜ!

世の中には「形」を与えることで存在するものもあるし、
「形」がないがゆえに存在できるものもあります。
けれど目に見えるものが、本当にそういう「形」をしているのか、
じつは見ている本人しか知らないことなので、そう考えると
世の中のすべてが怖く感じてしまいます。
妖怪は面白いんで、また別な機会に違う解釈のお話も書いてみたいなと思っている今日この頃であります。

こちらこそありがとうございました。
 

はじめまして

 投稿者:ミシロメール  投稿日:2010年 4月21日(水)23時22分52秒
返信・引用
  はじめまして、ミシロと申します。
先日「妖隠録」をプレイさせて頂きました!
人の持つ、ある種の精神面が妖怪へと変じる様子が手にとれるようにわかり、
恐怖を感じると言うよりも、妖怪は思いのほか「横に居る」または「元は自分」という、
独特な親近感を覚えました。

式神(式王子)という陰陽道の概念の一端に「はぐれ式神が妖怪と伝承される」という教えがあります。
式神はもともと「人の思いが具象化した擬似生命体」だそうなので、「妖隠録」の文章にある「元は人間」という項も個人的にたいへん頷きつつプレイしていた次第です。

…また、事後報告で申し訳ないのですが、その初プレイの様子を某動画配信サイト様にて実況動画として配信させて頂いております。(とは言いましても、ほとんど「朗読」ですが…)
ちなみに、私はちゃんと画面の文字を消して数えました、ええ、数えました!

文だけでなく、何もかもがハイクオリティーでしたから、せめてプレイヤーとしてできるかぎりを楽しもうと致しました、本当に良い作品です。

何か、心の中に「勉強した」という気持ちが残りました、有難う御座いました!
 
    (香津宮) ははあ。恐れ入ります。
陰陽道は「形」があるもので、自分は少し苦手だったりします。
その妖怪伝承の話は知りませんでした。こちらこそ勉強なります。
あの選択肢がやりたかっただけで、他はただの飾りですが、…うん。
楽しんでいただけたら幸いです。ご苦労様でした。

あ、カツミヤね。まぎらわしい名前ですいません。
 

ママ僕やったよ

 投稿者:黒豚  投稿日:2010年 4月20日(火)11時12分21秒
返信・引用
  即席でサイト作ってなんとか上げてみました。
しかし白紙の上にただコピペという簡素な事この上ない出来です(´・ω・`)

今まで見せますと言って実際に見せてくれた人がいないという事は僕が初めてになるという事でしょうか?フヒヒ、初体験頂き。

まぁ、お目汚しするだけの申し訳ない出来なんですがね……。
しかしネットに上げると全裸で街中を歩いているような無防備感にとらわれるのですが、これは自分だけでしょうか?うーん、恥ずかしい。

それと自分もトップメニューのボタンの復活を望んでいる一人だったり…。

http://www.geocities.jp/nobuhirokawabe2000/

 
    (香津宮) 初めては好きな人とって決めてたのに(/▽\)キャー
開設おめでとうございますー
アドレスまで無防備なのは突っ込んでいいのか迷ってますw
あとでメールしますね~

トップのカテゴリ…
アバウトとノベルと、あとは絵と素材だった気がしますが。
そんなに需要がない気がします。アバウトは入れます。
 

こんばんは

 投稿者:夜明  投稿日:2010年 4月18日(日)19時43分30秒
返信・引用
  こちらでは初めまして。yoaでございます。
日記の方にも度々コメントさせて頂いておりましたが。トップメニューのボタンの復活を待ち望んでおります(笑)
そろそろ活動再開の時期ですか……と、こちらも早く仕上げなければなりませんね。

前の方の書き込みを拝見して影響されまして、少々つまらないお話を。
影響というのであれば、これは完全に個人活動なのであれですが、朧月夜鬼談をモチーフに詞を書いた曲を既に構想に組み込んであります。
影響と言うよりは完全に勝手にネタを拝借しているのでモチーフであっているのでしょうか。
しかし、これももはや安い言葉ではありますがリスペクト(=オマージュ)なのです。
素晴らしい・お気に入りの・思い入れのある、そんな物語やなにやらを別の視点から、自分なりに表現してまた別の人に伝えていきたい、そんな思いがありますね。

言い張るのも良いことだと思います。
数ヶ月前、とある方と何回か論争していて、一時再び交流を絶つことにしましたが、それを切欠にまた自らの活動に新たなスタンスを加えることが出来ました。
それは、作品それぞれについて、影響を受けた自覚のあるものをどこかで明記すること。
思い出せる限りで書きますが、もちろん指摘によって「あ、それもあったか」と思えば追記し、「いや、それはないだろう」と思えば反対として追記するものです。
パクリやら盗作やらで不毛な論争をしているのは見飽きましたのでねえ……
しかしこれも作り手としての話。活動のポリシーにもよりますが読み手・聞き手の方々ともう少しお互いの理解を高める必要もありそうですね。

自分語り成分を多めに配合したくだらない話を失礼いたしました。
それではまたよろしくお願いします。
 
    (香津宮) これは本当に微妙だし難しい問題ですよねえ。
ターゲットの問題だと思うんだけど。
はっきり言えば作者の自己満足なら、それこそチラシ裏に書けってんで。それをあえて公開するからには、重い責任が発生するわけでして。産んだ子供は認知してしっかり育てましょうとw
ましてや元になった作品があるとすれば、それはひと様の物であるわけで、自分以上にその作品を好きな人にとっちゃ、「俺の神聖な○○を汚しやがって!」ってなっても仕方ないと思う。申し訳ないとも思う。
だからこそオリジナリティが重視されるというか、…まあ耳の痛い話ではありますw
そもそも元ネタを公表して言い張るのは、あくまで自分を納得させるためでしかなくて、周囲には言い訳にすぎない気もします。

結局のところ作品は、作り手の思いがどうであれ、一個のエンターテイメントでしかないわけだから、それを受け手がどう感じるかっていうのが重要な気がします。
受け手は正直、よほどでない限り過程に興味なんてもちません。
だから実際、作り手がなんの影響を受けていようがどうでもいいのかもしれません。
面白かったか、満足できたか、価値はあったか。
そんなんじゃないかなと思います。
さういふものをわたしはつくりたひ。
 

レンタル掲示板
/11